【底辺から大逆転して勝ち組!英語偏差値40→65!】 部活に専念しすぎて落ちこぼれで、自分が受かるなんて想像もできなかった底辺受験生が、英語偏差値を音読で25も爆伸びさせて、半年でGMARCHを無双して友達を仰天させた話

こんにちは!

まおです!

 

突然ですが

 

あなたは英語が得意ですか??

 

高校生の僕は全くそうではありませんでした。

「Be動詞ってなんすか?」

 

高校2年生の時に先生に放った言葉です。

 

このレベルでした。

 

当時の高校の時の模試は

偏差値40でした。

 

それはそのはずでした。

幼稚園の頃からサッカーに没頭し、

学校から家に帰ってきたら

秒でバックを投げ捨てて、

すぐサッカーしに行ってしまうような

ただのサッカーバカでした!

 

 

小学校、中学校、高校2年生まで

全然勉強してきませんでした。

 

ただ、あることがきっかけで

僕は変わりました。

 

 

それは中学3年生だったころです。

僕はプロサッカー選手を目指していました。

 

中3で高校を探しているとき、

サッカーで有名な高校の

セレクション(選考会)に行きました。

そこに集まっていたのは全国から来た

クソうまい人たち。

「あ、絶対勝てないわ。」

 

 

 そう思いました。

 

その高校のサッカー推薦に誘われるはずもなく、

絶望し、泣きながら家に帰りました。

サッカーを幼稚園からやってきたのに、

全国レベルでは手も足も出なかった。

 

それと同時に

「いつか、そいつらに

サッカー以外で勝ちたい。」

ぶつけようのない悔しい感情をサッカー以外で

ぶつけたいと心から感じました。

そう思って、高校に入学しました。

しかし、

当然僕が入った高校は

低偏差値の高校でした。

 

僕は高2のとき

どうせ目指すなら上の大学がいい

と思ったので

 

「早稲田を

目指してみようかな」

そう心の中でこっそり考え始めました。

 

しかし、

目指したは良いものの

あまりにも目標が高くて

周りの人には言えませんでした。

 

 

始めたての僕は

何もかもうまく行きませんでした!

 

まず、どういう風に勉強したら

いいのかわからないし

集中できない。

 

特に英語が

マジでダメでした。。

 

学校の先生からも

「早稲田?

いけるわけないじゃん!」

バカにされました。

 

 

高校2年、3年と勉強してもしても

全然伸びなかった。

とにかくがむしゃらにやってました。

 

英単語をひたすらノートに書いたり

教科書を読んでるだりしているのに

演習をしないせいで全然暗記できなかったり、

いろんな参考書に手を出してしまったり、

 

とにかくやり方がめちゃくちゃでした。

 

 

勉強をしても全く伸びなかったので

めちゃくちゃ

悔しかったです。

 

しかし!

 

あるアドバイスがきっかけで

 

プライドを捨てて

自分が固執していたやり方から

正しい努力の方向へシフトした結果

 

ブレずに

芯をもって

 

受験勉強をやり切ることができました!

 

もしあなたも同じ悩みを抱えているのなら

 

学校の先生の代わりに

そのメソッドを

僕が教えちゃいます!

 

 

あなたにも

かつての僕のような、

以下の悩みがありませんか?

 

一つでも当てはまったら、

 

僕が現在無料で公開しているテキスト

「英語逆転合格 音読必勝法」

 



 

を受け取ってください!

 

✔️英語の偏差値がまじで上がらない!

✔️偏差値低い高校から逆転合格したいけど不安!

✔️英語長文に自信が持てない!

✔️周りの人に馬鹿にされ、自信を失いかけている。

✔️英語を武器にして志望校に受かりたい!

 

↓今すぐクリック↓

 

 



 

受け取り方▷▷▷

  1. 公式LINE@追加ボタンを押す
  2. 公式LINE@で簡単な質問に回答
  3. 確認次第、すぐにお渡しします。

※ ライン追加してくれたらなんでも良いので

   スタンプの送信お願いします!

(こちらが気づけるので!)

僕は、GMARCHに進学する人がほぼゼロの

低偏差値の高校から浪人して

GMARCHに受かることができ、

現在充実した大学生活を送っています!



ですが

 

実は僕も

ずっと上記の悩みを

抱えながら

勉強していたんです、、、

 

 

僕が入った高校は低偏差値の高校で、

部活でサッカーも続けていたので

部活に追われる日々、、

 

そんな中、高1の1学期の一発目の

三者面談で先生に言われました。

「こんな成績で

将来どうするの?」

 

「サッカー以外

何してきたの?」

 

 

「え?たしかに。

俺サッカー以外何があるの?」

 

困惑して冷や汗が出ました。

と同時に、

「悔しい。見返したい。」

と感じました。

 

そこで、

 

「馬鹿にしてきた先生、

サッカーで

自分を負かしてきたやつら。

絶対に見返す。」

 

そう誓いました。

 

高校2だった僕は

どうせ目指すなら上の大学行って、

どんでん返ししたいと思い、

 

「早稲田にいこう。」

と心に決めました。

 

 

最初は学校の定期テストを頑張りました。

 

しかし。。。

自分の高校は歴代でGMARCHはおろか、

早慶にいった人がほとんどいなかった。

 

最初は、英語を頑張りました。

 

英単語帳や文法書を

ひたすらやったり、

長文の参考書

 

 

とにかく必死でした。

 

しかし、

英単語が多すぎて、全然覚えられないし

 

基礎が出来てなくて、長文読むのが

遅かったり、

内容が途中で頭から途中で抜けたりと。

 

 

 

勉強は始めたものの、

勉強法が分からないし、

勉強習慣が身につかない。

 

高3の時に受けた模試は偏差値40台。

 

「やばい無理かも」

 

これまで勉強をしてこなかった

自分を責めました。

 

 

ここでやっと、

 

がむしゃらに

勉強することが

正解ではないことに

気がつきました。

 

 

しかし

高校生の僕は、

がむしゃらに勉強することしか

知らなかったために、

 

改善策も分からず、

 

ただがむしゃらに勉強をし続ける、

ということしかできませんでした。

 

 

 

現役時には、早稲田、明治などを受けるも

 

スマホの合否発表の画面に映った

結果は

不合格...

 

 

とにかく何かを

変えなければいけない。

 

そう思いました。

 

 

転機は浪人生の時でした!

 

高校を卒業し

予備校に入った僕は

まずは英語を何とかしよう。

と思いました。

 

僕は塾の英語のベテランの先生に

英語の質問をしまくりました。

 「どうしたら

英語が伸びますか?

と聞きました。

 

そのベテラン英語先生は

僕の英語の偏差値を

爆上げして

 

英語を得意科目にする

勉強法を

丁寧に教えてくれました。

 

 

 

特に僕が足りなかったもの。

それは、、

 

            

音読でした。

 

その先生は

僕に

音読を英語の勉強に

取り入れなさいと言ってきたのです。

 

何が何だかわかりませんでしたが

とにかく言われたことを

やりました。

 

その後

浪人生の夏、あることに気が付きました。

 

授業で出される

英語の小テスト

の点数が上がってきました。

 

そして

ある日の模試を受けました。

何回読んでも理解できないし、

スラスラ読めなかった英語長文が

スラスラ読めてきたのです。

 

明らかに何かが変わってました。

 

「ヤバい。なんか読めるぞ。

 英文を読んでると

同時に日本語訳が

バンバン頭に浮ぶ。」

 

スラスラ読めるので

楽しくなりました!

 

そして、その模試が返されました。

 

 結果は...

 

 

 

偏差値60越え!!

 

 

音読で英語が伸びたことにより、

 

みるみるうちに自信がつき、

その後、他の教科の偏差値も60越えしました!

 

 

実際の模試の写真です!

 

 

 

「え?高校の時に40台だったのに。まじか。」

そう思うと同時に

高揚感を感じ、

体全体が熱くなりました。

 

 

音読で英語が伸びたことにより、

みるみるうちに自信がつき、

その後、他の教科の偏差値も

あがっていきました。

 

 

「逆転合格

いけるかもしれない。」

本気でそう思いました。

 

 

その後も勉強しまくりました。

 

 

そしてついに

大学受験の日が

やってきました。

 

朝は寒いし、席に着くと緊張感はMAX。

浪人生特有の

謎の緊張感。

 

 

サッカーがうますぎる奴らや

高1のとき馬鹿にしてきた先生に

見返したい気持ち。

 

応援してくれる友達、予備校の先生たち、

1年間予備校に行くための100万円を

文句1つ言わずに払ってくれた

親への感謝。

 

受験直前、いろんな人の顔が思い浮かびました。

いろんな感情になりました。

 

 「後がない。

でもやるしかない。」

 

 

これまでやってきたこと

これまでの思い。

 

1枚の解答用紙に全てぶつけました。

ソース画像を表示

 

 

そして

結果は、、

 

 

 

早稲田大学補欠合格。

学習院国際社会科学部合格。

学習院大学文学部合格。

國學院大學合格。

 

 

 

戦いました。全力で。

早稲田までは2点足りませんでしたが。。

 

GMARCH

に合格すること

が出来ました!

 

 

 

初めて

受験で結果を出した

出来事でした。

 

 

あの時、先生に頼っていてよかった。

心の底からそう思いました。

 

僕は

英語の先生に教わった

音読に始まるさまざまなメゾットを

あなたにも伝えたいんです!

 

合格したときの喜びを

あなたにも味わってほしいです!

 

 

「自分は既に

本当の受験勉強が

できている。」

 

 

と自信を持って言える人は

ここまででこのページを

閉じてもらって大丈夫です。

 

 

 

ただ、

 

実際に言い切れる人は

少ないように思います。

 

 

なぜなら

僕自身が

そうだったので

 

 

 

  • どうやって英語伸ばすのか。
  • 英単語の一番良い暗記方法は?
  • 模試はどう対策すべきなのか。
  • 受かる人の共通点は何か?

 

何もかも

片っ端から試しました。

 

浪人のときの僕は

ここで英語の先生から教えてもらった

方法でとりあえず試してみて、

 

ダメだったら

また自分の勉強法に戻ろう、

 

最初はその程度の覚悟でした。

 

それなのに、、

 

がむしゃらにやっていた時よりも

圧倒的に勉強している時間は少ないのに

 

 

英語の成績はスルスル上がっていきました。

 

まさか自分が

全国規模の模試で

偏差値65を超えるとは思ってませんでした!

 

しかし、

 

ここで僕は確信しました。

 

「今までの自分も

確かに努力していた。

だけど方向性がズレていた」

 

だから、

 

今すぐ修正しなければならない

ということを

少しづつ理解し始めたんです。

 

徐々に自分の固執していた

勉強法から解放されていくにつれ、

 

何が最も有効的であったのかを

理解したのが、

浪人期の

受験期1年間を通してでした。

 

残念なポイントは、

理解するのが浪人期

だったことです。

 

つまり、理解しただけで、

 

最も良い方法で

受験期を過ごすことは

できませんでした。

 

 

これを読んでいるあなたに再度

ぼくの残念ポイントを伝えるのですが、

 

第一志望だった早稲田大学には

受かることができませんでした。

 

足りなかった点は、

2

 

絶対合格すると信じていた

大学からの不合格の通知は、

 

現役時代に受けたものとは

比にならないくらいの重いものでしたし、

 

 

だからこそ、

この不合格を

無駄にしたくは

ありませんでした。

 

 

僕のこの経験を生かして、

あなたには

同じ失敗をして

ほしくない!

 

 

あなたには、

がむしゃらな勉強で

高校3年間を無駄にしてほしくないし、

 

浪人もしてほしくないんです!

 

 

 

 

 

先程、

早稲田に落ちたことは

僕の残念ポイントだと書きましたが、

 

僕が早稲田に落ちたことを

残念ポイントだとして片付けるのは

 

それこそ残念だ

 

ということを最後にお伝えたいと思います。

 

 

 

僕が、

これが最も効率的で効果のある努力の仕方だ!

と思って浪人したのに、

なぜ最後の最後で

 

2点足りずに落ちたのか、

 

 

 

次の一点にかかっていると今では思っています。

それは

成功者からし

学ばなかったこと。

 

 

成功者は、文字通り成功しているので

自分のやり方が最上だ!と

ある意味思い込んでいるという

ことに

僕は気づけていなかったのです。

 

 

これを読んでいるあなたは、

失敗者からも

学ぶ姿勢はありますか?

 

 

自分のやり方に固執せず

自分のプライドを捨てて

自分がダメだったことを

理解している失敗者からこそ、

 

学ぶことは多くあったのだと

今では気づいたのです。

 

 

 

 

2点足りずに悔しい思いをした僕からの、

正しい努力のメソッドを得てみませんか?

 

「悔しい」という思いは

予想以上に重いものです。

 

ぼくの受験に対する

熱は未だ冷めていません!

 

ぜひ、一緒に受験を通して

正しい努力の

仕方を知り

自分に

自信をつけませんか?

 

 

 

 

僕は現在オンラインで

受験のアドバイザーを務めていますが、

 

その前から

対面で直接生徒さんに

指導する塾講師も

務めていました!

 

その中で、

以上のような僕の経験を

必ず生かすようにしています!

 

「先生、英語伸ばしたいです。

どうすればいいですか?」

 

生徒にこのように聞かれると

様々な勉強法やコツを教えますが、

一番強くお勧めしているのが音読です。

「音読してみて!」

必ず、僕はそう答えます。

そして

生徒に詳しくやり方を伝えます!

 

効果は抜群です。

みるみるうちに生徒たちは成績を

上げていきます。

 

今まで、みんな音読なんてしてきていません。

確かに勉強法は世の中にたくさんあります。

人にあうあわないもあります。

非効率な勉強法もあります。

 

しかし、

 

音読はだれにでも効果があるし

めちゃくちゃ効率的なんです!

 

実際に、

塾で指導してきた

Aちゃんという高校生がいました。

 


その子は

偏差値65のレベルが高い高校

に通っていたのですが、

 


英語の定期テストの点が

全然取れてませんでした。

毎回受ける定期テスト

学年200人中

100位。

 


自分なりに勉強はできてるはずだし、

テスト前はめちゃくちゃ勉強してました。

 


自習室にも最後まで残って勉強してました。

 


しかし、

それほど点数が上がらない。

 


周りの友達よりも勉強してるはずなのに

定期テストで負けてしまい

悔しい日々。

 


しかし

僕がその子の英語を担当して以来

その子は

劇的に変わっていきました。

 


僕は

まずその子に

英語の基礎的な

ことを徹底的に教え込みました。

英単語の覚え方、

英語長文の読み方、

 


そして、英語長文を伸ばすのに

絶対的に必要な

音読の仕方

も徹底的に

教え込みました!

 

 

 

その子は音読を

毎日徹底的に行い、

僕と一緒に

テストの分析や

勉強計画に関しても

徹底的に行いました。

 

 

 

2ヶ月後

努力は実りました。

 


定期テストの英語で

なんと

学年15位以内に入る事ができたんです!

 


その子は

とても嬉しそうに

笑顔で僕の元に報告してきてくれました!

 


一緒に喜びました!

 


英語に関して

さまざまな基礎や

テクニックを教えましたが

 


やはり1番効果的だったのは

音読でした。

 

 

あなたも英語の偏差値を爆上げして、

周りの人たちを驚かせませんか?

 

・志望校に受かった自分

・やる気MAXの自分

・先生や友達を見返してる自分

・苦手科目を克服した自分

 

 

これが達成できている自分を想像を

してみてください!

ワクワクしてきませんか?

 

 

 

 

そうはいってもやはり、、

・何をやればいいか分からん。

・集中力が続かない。

・そもそも英語が嫌い。

 

といった悩み

あると思います。

 

任せてください。

 

そんなあなたのために僕がいます!

 

 

「これだけは生徒さんに

伝えしたい!」

と強く思うものだけを厳選して

ノートに書き出して

それを元に指導を

行ってきました!

 

 

また、

実際に生徒さんに指導する中で

改良を重ねてきたので

 

 

 

今回、ついに

それらを5段階にまとめた、

 

「英語逆転合格 音読必勝法」

 

を完成させることができました!

 

対面で直接指導する

塾の方では

もちろんお給料を

頂いていたわけですが、

 

今回の無料テキストは

なぜ無料なのか、

気になりますよね?

 

正直にお答えします。

 

 

それは

受験生のためという大義もありますが

最終的には自分のためです

 

これだけだと語弊があるので

補足しますが、

 

受験アドバイザーとしての

僕のためです!

 

そしてそれがめぐって

受験生のためとなることを願っています。

 

そんな受験アドバイザーを

目指す理由は、

単純です。

 

 

かつての僕のように

正しい努力の方向性に

気づけていない受験生を

 

これ以上放っておくことが

できないからです。

 

僕のように、

気づいたけど

もう間に合わない!

なんてのもダメです。

 

一刻も正しい方向への

努力へシフトし、

 

正しい努力の先に

揺るがない自信を

あなたにも

つけて欲しいのです。

 

オンラインでの受験アドバイザーは、

対面よりはより多くの人を

サポートすることはできるのですが、

 

そうは言っても

受験生一人一人と深く向き合いたいため

僕個人が向き合える人数には限りがあります 。

 

 

12月15日まで30名限定で

受け付けています。

 

テキストを受け取りたい方は

下から追加ボタンから

お願いいたします。

※ ライン追加してくれたらなんでも良いので

   スタンプの送信お願いします!

(こちらが気づけるので!)

 

 

※参考までに、

良くお寄せいただく質問に

答えさせていただきます。

 

Q.まおさんにも何かメリットがあって

 無料テキストを配布しているのですか?

A.はい。

 受験生ひとりひとりの

 悩みや問題は異なります。

今後のより良いサポートの為に

 実際に様々な生徒さんと

 関わらせて頂くことは

 僕にとっても勉強になります

 

Q.後から特定の出版社からの

 高額な教材の購入を

 強制されることはありますか?

A.いいえ。

 こちらから強制することはありません。

 また、他の企業や団体からの回し者では 

 ありませんのでご安心ください

 

Q.個人情報の取り扱いやウイルスが心配です

A.個人情報を聞き出すことはありませんし

 (匿名可能)、

 ウイルス対策も行っておりますので

 安心してサポートを受けて頂けます。

 

 

自分なりに頑張っているし

このまま続けたらいつかは

きっと結果が出るはず、、

 

なんてまだ思っているのなら、

 

残念ながら

この無料テキストを

 

お渡しすることはできません。

 

 

 

 

テキストを読んだところで

結局自己流の

未だ成果の出ないやり方に

 

固執して

 

努力の方向性を転換する

ことはこの先もきっとないからです!

 

 

 

 

あなたが努力してない

 

なんて言いません。

 

むしろ、他の人よりも

努力しているのでは

ありませんか?

 

ただ、

方向性が少し違うだけ

 

その転換の第一歩が、

この無料テキストを受け取ること

になると嬉しいです!

 

最後に、

このブログを書いている理由に

言及したいと思います。

 

再三述べていますが、

 

は正しい努力の仕方を

知らないせいで

 

ひどく非効率的で見苦しい

量重視の勉強を

がむしゃらに続け

 

身も心も削っているのに

成果が出ず、

 

先生に馬鹿にされたり

成績が全然上がらなかったり

地獄のような日々によって

 

どんどん自分の自信を

失っていきました。

 

「どうせ自分はやってもダメなんだ」

 

今までうまくいっていたのも

偶然だったのかもしれない。

 

これから先も自分は

うまくやっていくことができないんだ。

 

そんなふうに

考えてしまう自分が嫌で

さらに自信を失うという

負のループ

 

 

 

 

僕はあなたに

 

ブレずに芯をもって

正しい方向性で努力をして

 

最終的に合格という

最高の結果によって

 

 

自分に

自信をつけて欲しいです!

 

 

自信をつけるということを

ゴールとした時、

 

合格はあなたにとって

単なる結果ではなく

手段に変わります。

 

 

手段というと

重要度が落ちるように

感じるかもしれませんが

 

必要不可欠な要素であるので

一切妥協は許しません。

 

 

是非、共に

正しく努力して

それを正当に

評価されることによって

 

自分に自信を

つけていきましょう!

 

そのサポートができたら幸いです。

是非そのお手伝いをさせてください。